MENU

MENU

男性のSEXお悩み解決ラボ

早漏を効果的に改善する方法。原因と早漏の定義、今よりもっと充実したセックスライフの送り方も紹介します。

早漏改善アイキャッチ

遅漏より早漏の方が良いなんて聞きますけど、
男にとってはプライドにも関わる重要な問題ですよね。

あまりにも早く射精してしまい、口には出さずとも女性側から不満タラタラな態度を取られたことがある人もいるはず。

逆に女性に気をつかわせてしまい、男として情けなくなった経験がある人もいると思います。

挿入してすぐ射精してしまう主な原因はセックスの刺激に慣れていないから。

今よりもっとセックスを楽しむためにも、
刺激に慣れ射精をコントロールできるようになりましょう。



早漏の定義

早漏に悩んでいる人の中にも、具体的な定義を知らない人も多いのではないでしょうか。

医学的には、

  • 射精が挿入前または挿入1分以内に起こる
  • 思うように射精をコントロールできない
     (意図的に遅らせることができない)
  • 早く射精することによるセックスへの忌避感がある

これら3つのどれかに当てはまると早漏であると言われています。

時間の短さだけでなく、精神面での悩みも含まれているのがポイント。

仮に射精まで1分我慢できたとしても、
パートナーを満足させてあげられないと悩んでいるなら早漏なのです。


女性が理想とする挿入時間は?

セックスを2人がいて初めて成り立つ行為です。

定義的には自分は早漏じゃないとしても、女性側が今のセックスに満足していないかもしれません。

アンケートによれば、女性が満足する挿入時間は10~20分という結果に。

1位:10~20分
2位:1日中挿れたり出したりしながらヤリまくりたい
3位:5~10分

※引用先:messy│https://mess-y.com/archives/5753

早漏の定義の一つである1分以内を軽く超えています。

ちなみに、男が挿入から射精するまでの平均時間が5分24秒というデータも踏まえると、
女性はセックスのたびに毎回「もの足りないけど、まぁいいか」と我慢していることになるんです。


早漏について女性はどう思っているのか?

肘ついている女性

実際のところ、早漏について女性はどう思っているのか。

「遅漏よりは楽だから良い」
「私で気持ち良くなっている証だから嬉しい」

などの好意的な意見もありますが、中には早漏は嫌いという厳しい声もありました。

早漏が嫌という女性の理由
・繋がっている時間が短すぎるとどこか物足りない感じがしてしまう
・自分だけそそくさと気持ちよくなってこちらへの愛撫が少なすぎるのは嫌
・早く終わるからと言ってこちらのタイミングを気にせず襲い掛かってくるのは嫌
・挿入中、少しの我慢もせずに勝手に終わらせる

※引用先:JION│https://jion.tokyo/2545

愛情や快感を得られずフラストレーションがたまってしまう点が、主に早漏を嫌う原因のようです。

女性を満足させてあげたいなら、早漏だから仕方ないと放置せずどうすればお互い気持ちのいいセックスができるのかを考えることが大切。

早漏改善を目指す。
愛撫や前戯を磨いて女性に気持ち良くなってもらう。

充実したセックスライフを送るため、男としてやれることをやりましょう。


早漏を改善する方法5選

挿入時間を長くし、今よりもっとセックスを充実した行為にするため。

自宅で今すぐ実践できる早漏を改善する方法を5つ紹介します。


ストップ・スタート法でオナニーする

早漏の人の中には、オナニーで我慢せず素早くすませてしまう人がいます。

実家暮らしや同棲している男あるあるですが、早漏を改善したいなら刺激を我慢することが大切です。

■ストップ・スタート法
①ペニスを握り刺激を与えます
②射精感が高まったら刺激するのを止めます
③またペニスに刺激を与える
④「②」と「③」を5回ほど繰り返して射精までの感覚を掴む
⑤最後に射精

オナニーだと自制が利かないという人は、パートナーか風俗店で働く女性に相談しお願いしましょう。

パートナーに打ち明けるのはすごく勇気がいります。
ですが、相談し一緒に改善を目指すことでメンタル面でも早漏に良い影響を与えるかもしれません。

射精感に慣れ、コントロールできる「ストップ・スタート法」 ぜひ試してみてください。


スクイーズ法でオナニーする

前述したストップ・スタート法と同じく、オナニーでの早漏対策におすすめなのが「スクイーズ法」です。

■スクイーズ法
①ペニスに刺激を与える
②射精感が高まったら亀頭の裏側を圧迫する
③30秒ほどしたらまた刺激を与える
④4、5回ほど②と③を繰り返す
⑤最後にちゃんと射精する

刺激⇒射精感⇒耐える。

流れはストップ・スタート法と同じですが、亀頭の裏側を圧迫することでより射精感を我慢しやすくなります。

ただし、亀頭は敏感な場所ですので力の入れすぎには注意しましょう。


より強い刺激に慣れる

次はオナニーの方法自体を変えて早漏を改善していくやり方です。

具体的には、オナホールなどを利用してより強い刺激に慣れること。

いまやオナホールの中には、女性器よりも刺激が強いと言われるものまであります。

最初はすぐに射精してしまうかもしれませんが、【10分間我慢する】を念頭に置いて訓練しましょう。


おすすめのオナホール①TENGAヘルスケア

TENGA 早漏改善

オナホールブランドとして日本一有名なTENGAから発売されている早漏対策グッズです。

刺激の強さを5段階に分け、徐々に刺激に慣れていくことを目的としてオナホールとなっています。

いつものようにオナニーするだけの簡単早漏対策なので、手軽に実践できおすすめです。



おすすめのオナホール②シンクロ

電動オナホールの画像

スマホと連動した操作できる電動オナホール。

回転やピストン運動を駆使し刺激してくるので、これまでのオナホールにはない強烈な刺激を味わえます。

早漏気味の人には刺激が強すぎる場合があるため、最初は弱刺激から始めましょう。


早漏に効果のあるクリームやスプレーを使う

どちらかというとその場しのぎに近い早漏改善方法ですが、クリームやスプレーを利用するやり方もあります。

早漏対策用のクリーム・スプレーには麻酔成分が配合されていて、 感度を鈍らせることで射精までの時間を引き延ばすことが可能です。

オナニーによるトレーニングが面倒なら、確実に効果のあるグッズを試してみるのもおすすめです。

早漏対策用クリーム

サプリメントを服用する

体の内側から早漏改善を目指すサプリメントもあります。

精力剤に含まれているマカや亜鉛などの成分を配合されているサプリも多いので、
2回戦3回戦と楽しみたい人にもピッタリ。

ただし、口に入れるものなので品質の確かなものを選びましょう。


早漏のままでも女性を満足させる方法

早漏を改善する方法を試している間は、言わば男として変わっていこうという最中。

しかし、改善法を試している間でも女性とのセックスの機会を有意義なものにしたい。

そんな男性のため、早漏のままでもセックスで女性を満足させるための方法も紹介します。


前戯は時間をかけて丁寧に

女性の首元に顔をうずめる男性

女性が早漏を嫌う主な原因は、早すぎる射精のせいで自身が気持ちよくなれないこと。

前戯を時間をかけて丁寧に行うことで、仮に早漏でもセックスで女性を満足させられます。

前戯として女性の体をしっかり愛撫すれば、快感だけでなく愛情も感じてくれるのでよりパートナーとの仲も深めるきっかけになりおすすめです。


厚めのコンドームに変えてみる

生に近い感覚を味わうためより薄いコンドームが重宝されますが、
早漏気味の男性向けに長く楽しむための厚めのコンドームも用意されています。

厚さがある分だけペニスへの刺激が弱くもの足りなく感じるかもしれません。

ですが、いつもより長時間女性と体を重ねられるので精神的興奮度が上がります!

ノー刺激というわけではなく最後はしっかり射精できるので安心です。

厚めのコンドーム

早漏の主な2つの原因

そもそもどうして早漏になってしまうのか。

主な早漏の原因は下記の2つにあります。

  • ペニスが刺激に過敏
  • ストレスやトラウマなどのメンタルの問題

2つの原因のどちらかあるいは両方を抱えていることで早漏となってしまうんです。


ペニスが刺激に過敏

日本人の約8割が包茎または仮性包茎であると言われています。

ペニスが皮に覆われていることにより、日常的に刺激を受けにくい状態が包茎。

なので、いざセックス本番となると普段感じることのない刺激に晒されすぐ射精してしまいます。

包茎または仮性包茎の場合、
亀頭を露出した状態での刺激になれることが早漏改善のカギ!

このページ内で紹介した改善方法をぜひ試してみてください。


ストレスやトラウマなどのメンタルの問題

初めてのセックスで失敗した。
など自身への緊張やプレッシャーにより早漏を引き起こしてしまう場合もあります。

メンタルの問題の場合は、
厚めのコンドームを使ったり愛撫を丁寧に行うことで、セックスの場数を踏んで自信を付けることが大切。

「自分は男としてヤレる!」とポジティブに考えましょう。


早漏についてのまとめ

早漏の原因と自宅できる改善方法を紹介しました。

せっかく意中の人と愛し合っているのに、
早漏のせいで早く終わってしまうのは男も女ももの足りなく感じてしまいますよね。

挿入だけがセックスではありませんが、やはり長く持続できるに越したことはありません。

前戯も磨きつつ早漏も改善して、いつものセックスをもっと楽しみましょう。

先頭へ

目次へ