MENU

SEXテクニック虎の巻

女性をイカせる方法。SEXがうまい=イカせられる。そもそもイクってなに?

女性にとってのイクとは

快感のイメージ

多くの男性が女性とのセックスを楽しむ際には、この人はセックスが上手い人だと相手に思ってもらいたいはずです。

ですが、上手い人だと思ってもらうためには一体何をどのようにすればうまいと思ってもらえるのかがわからない、そのように悩んでいる人も多くいる事でしょう。

そのような人は、女性の思うセックスの上手な人とそうではない人の差について考えてみましょう。

女性の思うセックスの上手下手の差、それは女性自身が満足するセックスができるかどうかの差です。

性行為を行う際に、男性ばかりが満足し女性は不満を感じるようなセックスを行った場合、相手がどれだけ他に優れた点があったとしても、セックスの下手くそな男だと思われてしまいます。

ですが、しっかりと女性を満足させることができるだけのテクニックを見につけ、セックスを行えば何度もオーガズムを感じさせてくれる男性というのは、セックスの上手な人だ、うまいセックスを行ってくれる人だ、と思ってもらえるのです。

そして、そのようなセックスの上手い人になりたいと思っているのであれば、身に付けるべきものがあります。

それは、女性のオーガズムの種類と、それぞれの種類に応じた快感を生み出すテクニックです。

女性は「外イキ」と「中イキ」と呼ばれる、2種類のオーガズムが存在しています。

これらはそれぞれ感じる部位や感じた際の感覚などが異なっています。

そのため、この2種類のオーガズムを自由に相手に与えることができるようなテクニック、そして適切な知識を身に付けることによって、女性からセックスが上手い人だと思ってもらえるようになります。

外イキとは

絶頂に達した女性

女性が感じる2種類のオーガズムの1つ、それが外イキと呼ばれるものです。

外イキというのは、その名称の通り、体の外部に存在している性的快感を得られる部位を刺激することによって発生するオーガズムです。

外イキのオーガズムというのは、基本的には数秒間のビリビリッとした快感が全身を走るというようなものです。

実際に体感した女性曰く、徐々にゾクゾクとした快感が高まり、突然その快感が何倍にも強まったよう感覚がする、とのことです。

このような瞬間的な快感のため、オーガズムの感覚が後を引くことがありません。

そのため、オーガズムを感じた瞬間は非常に強い刺激により会話することができなくとも、オーガズムが終息した後には、すぐさま会話をする、何か行動を起こすこともできます。

神経が集中しており、普段刺激が発生するとくすぐったさを感じる部位が、外イキを発生させることができる部位と言われています。

そのため、人によっては耳や鎖骨、腰、へそといった部位を優しく刺激することにより、外イキを感じる場合もあります。

そして、外イキを最も確実に発生させることができる部位は、クリトリスです。

この部位は男性でいうペニスに該当する部位であり、物理的な接触を与えることによってペニスを刺激した時のようにクリトリスも勃起し、そのまま継続した刺激を与えることによって、非常に強い快感を発生させ、オーガズムに達することができるのです。

外イキの方法

敏感そうな女性

身体の中でも非常に強い性感が発生するクリトリスを刺激することによって、女性を外イキさせることができます。

ここで注意しないといけない事として、クリトリスというのは男性のペニスとほとんど変わりがないため、過剰な刺激を与えた際には痛みが発生するという点があります。

そのため、クリトリスを刺激する際には痛みを与えずに刺激を与える方法を知る必要があります。

まずクリトリスというのは、周りに包皮が存在しています。

そのため、男性でいう仮性包茎のような状態となっているのです。

そして、刺激をする際には多くの人が包皮を剥き、直接クリトリスを刺激しようと考えます。

ですが、何も刺激を与えていない状態で包皮を剥く、滑りが悪い状態で直接クリトリスを刺激するというのは、痛みの原因となります。

なので、まずは包皮の上からゆっくりとクリトリスを刺激し、ゆっくりと快感を与えていくようにしましょう。

刺激を与える際、親指や人差し指、中指などの力を入れやすい指で刺激を行った場合、力加減を誤ることによって痛みを与えてしまう可能性があります。

なので、これらの指で刺激をする際には力をほとんど入れず、軽く添えただけの状態で振動させる、擦る、軽く挟むなどの刺激を与えるようにしましょう。

それでも力を入れすぎてしまいそうだ、という時は効き手とは逆の手の薬指や小指を使用し、刺激を与えにくく、力も入れにくい指を利用し刺激するのが良いでしょう。

手っ取り早くクリトリスでイカせるには、クリトリス専用のローターなどのラブグッズを使うと大体の人はあっという間にイキます(笑)

クリ責めローターの中でも安めで買いやすい「サティスファイヤ2」は特におすすめです!

中イキとは

抱かれながら果てた女性

手マンは基本中の基本ですよね^^

女性が感じる2種のオーガズム、外イキともう1つが中イキです。

中イキと呼ばれる種類のオーガズムの特徴として、快感の種類が外イキのように瞬間的なものではなく、非常に長い時間強烈な快感が継続するという特徴があります。

さらに、中イキで得られる快感は外イキの際に得られるものよりも強く、オーガズムを感じた後は会話をする、自分の足で移動するなどの行動ができなくなってしまう、時には意識がもうろうとしてしまうこともあります。

そして、中イキの余韻というのは感じてから数時間、長ければ数日間に渡って残るため、一度中イキを経験した人というのは、下腹部を指で優しく押して刺激するだけでオーガズムを得る場合もあります。

このような非常に強烈なオーガズムを感じることができる中イキですが、この中イキを得られる部位は膣の内部に存在しているGスポットと呼ばれる部位、もしくはポルチオと呼ばれる部位が代表的な部位になります。

その中でもポルチオは、中イキを女性にさせようと思った際に非常に重要になる部位です。

このポルチオという部位は、子宮口と呼ばれる子宮の入口部分です。

この部位は脳内の神経と非常に密接な関係にあり、このポルチオを刺激し中イキを発生させることによって、非常に強い快感を脳に対して直接叩き込み、通常のオーガズムとは比較にならないほどの快感を発生させることができるのです。

中イキの方法

正常医で挿入している男

女性を中イキさせたいと思った時には、実は女性の協力が必要となります。

というのも、実は膣というのはそこまで強い性感を得られる部位ではなく、通常のセックスでは快感こそ得られるものの、中イキができるほどの快感は得られないからです。

そのため、女性を中イキさせるためには、中イキさせたい女性の膣内の感度を高める必要があるのです。

膣内の感度を高める方法として、日常的な膣を利用したオナニーがあります。

膣内に指などを挿入し、刺激を行いながら、クリトリスや乳首、耳や鎖骨、へそと言った体外に存在している性感帯を刺激しながらのオナニーを行う事によって、膣内の感覚を高めつつ、快感を得られるようにする必要があるのです。

これらの方法を行うことによって、セックスの際にピストン運動を行うことによってポルチオやGスポットが刺激され、オーガズムに達するのです。

事前に女性の手によって膣の感度を高めてもらうのが難しい状況だけれども、すぐに中イキを発生させたい、もしくはセックスのピストン運動によって快感を与えたいと思った際には、膣の感覚を高めてもらう方法と同じように、別の性感帯への刺激を行いつつピストン運動を行う、もしくは指などを利用し膣を刺激するようにしましょう。

そうすることにより、事前準備を行った時に比べると快感の発生具合は低下しますが、膣を刺激することによる快感を女性に与えることができます。

ワンランク上の方法

グッズも使ってみる

女性から上手いセックスができる男性だと思われたい、そう思った時には様々な知識やテクニックを身につけることが非常に大切です。

しかしそれ以外にも大切な事が存在しています。

それは相手をスムーズにオーガズムに到達させるための工夫を行うという事です。

いくら知識とテクニックがあったとしても、それらをさっと行い結果を見せることができなければ、相手からは聞きかじった知識しか持っていないと思われてしまいます。

そのため、知識とテクニックを身につけるだけではなく、スムーズにオーガズムに到達させるという事が非常に大切になるのです。

そして、その際に利用すると非常に便利なもの、それがアダルトグッズです。

アダルトグッズには非常に様々な種類のものが存在していますが、これらの道具を適切に利用することによって、非常に簡単かつスムーズに外イキや中イキを発生させる、もしくは発生させる準備が行えます。

たとえばローターと呼ばれるボール状の道具を利用した場合、クリトリスや乳首と言った外部に存在する性感帯を刺激し外イキが発生しやすくすることもできれば、膣内に挿入することによって、膣内の感度を高める際の道具として利用することもできます。

適切な道具を利用することによって、非常に簡単にオーガズムを発生させることができるようになります。

なので、様々なアダルトグッズの使い方や知識、それでできる事なども合わせて知り、セックスの際にはそれらもうまく利用しながら、女性をオーガズムの虜にしてあげましょう。

女性をイカせるためのポイント

性感帯

女性をイカせたい、オーガズムを与えたいと思った際には、相手の性感帯がどこにあるのかを把握する必要があります。

性感帯とは、刺激することによって性的な快感が発生する部位です。

この部位は人それぞれ異なっているため、セックスで相手をイカせたいと思った際には、パートナーの性感帯が一体どこにあるのかを把握していく必要があるのです。

性感帯の存在する部位の目安として、粘膜が外部に露出している部位、静脈と皮膚との距離が近い部位が挙げられています。

そして、それ以外にも神経が多く集まっており、刺激が加わるとくすぐったさを感じる部位や、汗腺が多く汗がたまりやすい部位などにも性感帯は集中していると言われています。

これらの条件に該当する部位、女性器、乳首、脇、鎖骨、耳、首、へそ、太もも、足の裏、足の指と言った部位があり、このような場所を刺激することによって、性感を与えやすくなります。

ただ闇雲に身体を刺激した場合、性感を与えられないばかりか相手の身体に傷をつけてしまう可能性もあります。

そのため、セックスの際には乱暴に身体を触るのではなく、優しく丁寧に相手の身体に存在する性感帯を探すことから初めましょう。

それが相手をしっかりと満足させ、上手いセックスができる人だと思ってもらえる要素になります。

元AV男優の私のおすすめローター貼っときます!

①ローターっぽくないローター!¥520

②¥1,080のリモコンローターが手に入るだなんていい時代です

まとめ

仲の良いカップルのイメージ

セックスが上手な人になりたいと思った際には、女性に対してきちんと快感を与え、イカせるテクニックや知識が必要になります。

女性が感じるオーガズムには、外イキと中イキの2種類が存在しています。

外イキやクリトリスや乳首などの部位に対して刺激を与えることによって発生させるオーガズムのことです。

外イキは非常に鋭い快感が体中に走ったように感じるオーガズムのことです。

中イキはGスポットやポルチオと呼ばれる部位を刺激することによって発生するオーガズムのことです。

中イキは外イキと比べ快感の強さが強く、オーガズムに達した際にはうまく話せなくなってしまう場合や、意識がもうろうとしてしまう事もあります。

中イキをさせる際に刺激するGスポットやポルチオを始め、膣というのはクリトリスや乳首と比べ性的快感を得にくい部位のため、中イキをさせる為には外イキをさせる際に刺激をする部位と同時に膣を刺激するなどの工夫が必要になります。

セックスの際には、イカせるためのテクニックや知識も重要となりますが、もたもたと時間をかけずスムーズに女性に快感を与える事も大切です。

スムーズに女性に快感を与える為には、アダルトグッズなども併用しながらセックスを行うことにより、何も使用せずにセックスをした時よりも強い快感を与えつつ、イカせることができます。

女性をイカせる為には、性感帯を適切に刺激することが大切になります。

なので、乱暴な手つきで身体を触らず優しく丁寧に身体を刺激するようにしましょう。

記事検索

最近書いた記事

カテゴリー

先頭へ

目次へ