サルのようにしたくなるSEX講座

デリケートな場所だからこそ女性器への愛撫は丁寧に行う必要があります。手マンやクンニの効果的な方法について説明します。

女性器の愛撫は他よりも丁寧に

ピンク色の下着姿の女性

感情の動物と言われる女性は、勃起したら準備完了の男性に比べ、性的興奮が高まりセックスの準備が整うまで少し時間がかかります。

男性がリードして、女性の体に対して時間かけて愛情を伝えるように優しく愛撫します。

そして性感帯を探すように全身を愛撫するなかで女性からでるサインを敏感に感じ取り、次の段階へ進めていく必要があります。

そこで大事なのが愛撫です。まずは女性器への愛撫を丁寧に行います。

ここで女性の濡れ具合から準備の度合いを確かめることもできます。

女性は気持ち良かったり、性的に興奮すると膣分泌液(膣液や愛液と呼ばれることもあります)によって膣内が濡れていきます。

女性の濡れが不十分の場合には性的興奮がまだ高まっていないのかもしれません。

愛液は性行為の際の潤滑剤として働きます。

女性は気持ち良かったり、性的に興奮すると濡れますが、これは逆に考えれば気持ちよさを与えることができなかった場合は、濡れないと言えます。

パートナーの女性がどこで感じるのか、どのように触られると興奮するのかといったことを観察しておきましょう。

女性器への愛撫といっても、クリトリスやGスポット、ポルチオ性感帯などさまざまな性感帯があります。

その中から、パートナーの女性が感じる性感帯を丁寧に愛撫することが大切です。

お互いが満足できるセックスをするためにも、しっかりとコミュニケーションをとり十分に女性の性的興奮、感度を上げてあげましょう。

クリトリスの攻め方

パンツ姿の女性

クリトリスが性感帯だという女性は非常にたくさんいます。

女性器の周辺や内部は性感帯が非常に多いですが、その中でも入り口にあるクリトリスへの愛撫を行いイカせてあげましょう。

女性が「イク」場合、膣内でイクかクリストリスでイクかの2パターンがあります。

膣内でイク女性は少ないですし、目に見える部分でもあるクリトリスへの愛撫の方が、女性経験の少ない男性であってもイカせやすいと思います。

クリトリス(陰核)は女性器の上部にある小さな突起で、男性のペニスと似た構造になっており綿体組織でできています。

クリトリスの先端部分は陰核亀頭と呼ばれる部分で包皮に包まれています。

男性のペニスと同じように性的な興奮で勃起して陰核亀頭が膨張することから包皮が剥けて陰核亀頭が露出します。

非常に敏感な部分なので、あくまで優しくソフトに刺激してあげる必要があります。

下着の上から触られる感触が好きだという女性もいますし、焦らすことも効果的なので、いきなりクリトリスを愛撫するのではなく、まずは下着の上から緩急をつけ撫でたり、優しく擦ったり、指を押し付けたり、タッピングしてみましょう。

愛液であふれてきて下着にシミができてきたら直接クリトリスに触れましょう。

濡れ具合が不十分な場合には痛みがでるので場合によっては唾液で補ってもいいでしょう。

非常に敏感な部位ですし、きつく愛撫してしまうと痛みが伴うこともあるので、注意しましょう。

手マンの方法とコツ

中指

アダルトビデオなどでもよく見るシーンが手マンだと思います。

ほとんどの作品で手マンのシーンがありますよね。

潮吹きが好きな方なら、何度も手マンのシーンは見ているのではないでしょうか。

さて、そんな手マンですが、多くの男性が間違った手マンをしてしまっているので、正しい方法をしっかり覚えておきましょう。

まずは女性の足を手マンを行いやすいように少し開きます。

恥ずかしがって足を閉じる女性が多いですが、足を閉じた状態だとかなり手マンがしにくいですし、足を開き恥辱的な格好にすることで、女性の羞恥心を刺激し、より性的な興奮を高めて感じさせることができます。

手マンでは基本的に中指を膣内に挿入します。

中指が最も長い指でもあるので、膣奥深くを刺激しやすいので、中指を使用するのが基本です。

しかし、慣れていない方の場合だと中指がなかなかうまく動かせないということもありますよね。

そんな時は人差し指でも大丈夫です!

また、ただ指を出し入れするだけでは気持ちよくありません。

女性によって膣内のどの部分が気持ちいいのかは微妙に違います。

そのため、指を膣内に入れて膣壁のどの部分を刺激したら気持ちいいのか探りましょう。

女性が気持ちいいと感じる部分を発見したら、その部分に対して緩急をつけて刺激していきましょう。

Gスポットの攻め方

Gスポット

Gスポットという言葉を聞いたことがある方も多いことでしょう。

女性をイカせたいならGスポットを攻めろ!なんて話を聞いたことはありませんか?

ただ、このGスポットがそもそもどこにあるのか分からないという方も多いと思います。

クリトリスは目に見える場所なので簡単に見つけることができますが、膣内部にあるGスポットは目では見えません。

体の外からは見えないので分かりにくいですが、膣口から3~5cm入った膣前壁にGスポットがあります。

ちょうど恥骨の裏あたりになります。

Gスポットとは女性の尿道海綿体のことで、スポンジ状になっています。

個人差はあると思いますが、ザラザラしていたり、ブツブツしていたりする場所で、膣内部でより深く快感を感じる性感帯です。

ではどうやって探せばいいのでしょうか。

女性を仰向けに寝かせて、中指または人差し指の腹を上にして挿入し、第二関節が膣口に入るか入らないかぐらいのところで指の第二関節を曲げます。

すると中指の第一関節の腹が触れる辺りがGスポットです。

性的な刺激を受けると少し膨らんだようになる女性が多いです。

女性にどこが気持ちいいのか聞いた方が早いかもしれません。

指圧するかように指の腹で圧して離す、圧して離すといった具合に刺激します。

トントンとノックするように叩いたり、指の腹を擦り付けるように押すといったり、刺激の方法を少し変えてみましょう。

ポルチオ性感帯の攻め方

ポルチオ性感帯

女性器の周辺や膣内部にはいろんな性感帯があります。

今あげただけでも、Gスポットやクリトリスと2つのポイントがありましたよね。

もちろんこれだけではありません。これから紹介するポルチオ性感帯もそうです。

しかし、これだけあると、どこを刺激すればいいのかわからない!という方もいるのではないでしょうか。

「全て性感帯なので、その中でパートナーが一番感じている場所を刺激してあげてください。」

と言いたいところですが、あえてひとつに絞るのならポルチオ性感帯でしょう。

感度が鈍いといわれる膣内部の中で、群を抜いて感度が高い部分がこのポルチオ性感帯です。

ポルチオの場所ですが膣の奥にある子宮に少し出っ張っているような部分があります。

実際に触ってみるとコリっとした少し硬めの感触があるので、比較的分かりやすいと思います。

ただ、膣口からは少し距離があるので、指で刺激するのは少し困難です。

指が他人と比べて短いという方は難しいかもしれません。

ポルチオを刺激するときは、中指を奥まで入れて、奥にあるツルツルした部分を指圧するように軽めに刺激してあげましょう。

デリケートで痛みを感じやすい部分なので、優しく慎重に愛撫してあげてください。

しかしポルチオで強い快感を得られる女性もいれば、そうでない女性もいます。

もし女性が痛がるようであればポルチオにこだわらず、Gスポットやクリトリスを刺激するように方向転換するといいでしょう。

クンニの方法とコツ

舌

男性のほとんどがフェラチオされることが好きなはず。

では反対に、女性にクンニをすることはどうでしょうか。

女性としては、愛情がなければできないし気持ちいいから好きという意見や、興味はあるけどなんだか恥ずかしといった意見もあるようです。

男性がフェラチオを気持ちいいと感じるのと同じように、女性もクンニで感じます。

恥部である女性器を舐められることに羞恥心が刺激され、性的な興奮もより高まりますし、手マンだけではなく、また違った刺激を感じることができるのです。

クンニをする時はいきなりクリトリスを攻めるのでなく、まずは焦らすようにゆっくりと、鼠径部あたりから優しく舐めていき、大陰唇や小陰唇へと移動していきます。

そしてこのとき唇や舌が乾燥してしまわないように気を付けましょう。

乾燥してきて滑りが悪くなったと思ったら、唾液で十分に湿らせましょう。

そしてクリトリスに移動していきます。

そのときにクリトリスの勃起を感じたり、愛液があふれてくるのを感じることができると思います。

このタイミングに足並みを合わせるように徐々に愛撫を変化させていきます。

クリトリスの皮を剥いて舐めたり、優しく吸ってみたりします。

彼女の反応を伺いつつ、舌の動きを強く速くしていきます。

舌先をとがらせて膣の中に入れてみるのもいいでしょう。

ただし、単調な愛撫になって、刺激に慣れてしまわないように緩急をつけたり、たまには甘噛みをするというのもいいでしょう。

シックスナインの方法とコツ

シックスナイン

シックスナインとはオーラルセックスの一種になります。

お互いの性器を唇や舌、または同時に指を使って愛撫します。

男性と女性が頭の向きが逆になるように重なり合う格好から、数字の69に見えることからシックスナインと呼ばれています。

普通のオーラルセックスであればどちらかが、愛撫する側になりますがシックスナインでは男性と女性同時に快感を感じることができます。

シックスナインの方法ですが、基本的には男女のどちらかが、相手の顔にまたがる姿勢になります。

男性が女性の顔にまたがる男性上位の場合は、男性がクンニしやすい体勢になり、女性はフェラがしずらい体勢になりますが、男性は普段見せることのない恥部を女性に見せる恥ずかしい体勢ですし、なおかつペニスを女性の顔に押し付けるような体勢なることから恥辱心をかきたてられ、性的興奮が高まります。

また普通のフェラとは舌の触れる位置が逆になりますので、普段とは違う刺激を味わえます。

女性が男性の顔にまたがる女性上位の場合ですが、男性の顔の前に性器をもっていくのでアナルまで含めた女性器の全てを男性に見せ付ける体勢になります。

この体勢であれば、女性は恥辱心がかきたてられますし、男性側からすると情欲をそそられる体勢となります。

ワンランク上のテクニック

赤い下着の女性

女性への愛撫になれてきたら、さらなるテクニックを身につけて女性を喜ばせましょう。

百人百様という言葉がありますが、女性の性的嗜好もさまざまです。

男性より女性の方が性に関することは口にしにくいものなので、その点を考慮し状況に合わせて優しくでも強引にリードしてあげてください。

例えば、手や口を使った愛撫ばかりではなく、言葉を使うというのもテクニックの1つです。

女性は男性に比べて感受性が豊かです。

体を使った愛情表現だけではなく、言葉を使った愛情表現に対しても敏感です。

例えば、Mっぽさのある女性などは、少しSっぽく言葉責めされると興奮するという意見も多くあります。

しかし男性のセンスが必要ですし、女性によっては性的興奮が冷めてしまう場合もありますので注意が必要です。

体を使った愛撫を行う場合でも1ヶ所だけではなく、2ヶ所を同時に攻めるのも、女性の快感を高める方法です。

例えば、ディープキスをしながら乳房を揉んだり、また女性器を愛撫するといったことです。

同時にそれぞれ違う動きをするというのは思ったより難しいものです。

どちらか一方に気を取られて片方が、おざなりになってしまうことも最初はあると思いますが、慣れてくれば体を動かす神経が発達し、それなりに同時に愛撫できるようになります。

そして発想次第でいろいろなバリエーションがありますので、相手の性感帯によって攻める場所を変え愛撫するといいでしょう。

そして慣れてきて、さらにテクニックを向上させるのであれば、2ヶ所だけではなく3ヶ所……と複数ヶ所を同時に愛撫できるかチャレンジしてみるといいでしょう。

女性器の愛撫のポイント

紫下着の女性

女性器は尿道口、膣口、肛門の位置がそれぞれとても近い場所にあります。

つまり構造的に細菌が侵入しやすい状態にありますし、デリケートな場所でもあるので、性行為の際には事前に指の爪を切り、ヤスリをかけておく必要があります。

性行為は相手への思いやりが大切です。

女性器周辺や膣内には性感帯がたくさんあります。

一般的に知られている性感帯であるクリトリスやGスポット、またはポルチオ性感帯以外にも性的な快感を感じる部分があります。

大陰唇や小陰唇も性感帯の1つです。

大陰唇の皮膚の下には性的興奮により膨張する前庭球や、クリトリスの根元部分などにも性感帯があります。

指で撫でたり、つまんだり、指圧するような感じで優しく押してみるといいでしょう。

小陰唇も神経が集中していて、立派な性感帯です。

また、血管も集中していて性的興奮が高まり、オーガズムを迎えると赤みを帯びて充血し膨張します。

小陰唇も大陰唇と同じように、撫でたり、つまんだり、押して振動させてもいいでしょう。

もちろん、舌で舐めても快感を与えることができます。

まとめ

黒下着の女性

女性器への愛撫と一口に言っても、注意すべき点や、またさまざまな愛撫の方法やコツがあります。

場所によって、刺激の方法によって全く感じ方も変わります。

手マンを行う際もアダルトビデオによくあるような、グチャグチャと音を立て激しくかき回すのは、間違った愛撫です。

女性からすると痛いですし、膣の中は粘膜で覆われていて非常にデリケートな場所なので、傷がつくと雑菌が入り込んでしまうこともあります。

ある程度の緩急は愛撫において重要なテクニックですが、激しい手マンからの潮吹きはアダルトビデオにおける、男性本位の見世物としての側面が強いものです。

そのため、ゆっくり、そして緩急をつけておこなう手マンをすることが大事です。

もちろん、上半身に対する愛撫などをしつつ、女性器への愛撫をすることが大事です。

たとえば、手マンをしている最中は口元が空いているはず。

キスをしたり、首筋に愛撫をする、羞恥心を高めるために愛を囁くなんていうのもいいですね。

クンニをしている時は舌にどうしても集中しがちですが、手をスッと伸ばせば乳房へ届きますよね。

シックスナインの時も両手はあいているはずですから、お尻を愛撫することができます。

このように、女性器に愛撫しつつも、上半身への愛撫やキスを忘れないようにすることも非常に大事なコツなのです