MENU

男性のSEXお悩み解決ラボ

遅漏の改善方法をご紹介!

管理人も以前は遅漏でした!

亀

僕も昔遅漏でした!

童貞だった時、床オナにハマってしまって、床オナの強い刺激が当たり前のようになっちゃってました。

それでいざ童貞卒業したわけですが全くイケず、彼女から心配されたのと、女性側に非があるんじゃないかと悩ませちゃいました…(泣)

何度もSEXするうちに、オナニーとは違う快感にやっと気づくことができてイクことができるようになりました。

それでもやはり遅漏気味で、当時の彼女の気持ちを考えたら申し訳ないなぁ…と常々思ってました。。

転機は床オナをキッパリ辞めたことですかね!

普通の(?)手でしごく方式のオナニーに変えて、イキずらくなってしまいましたがなんとかかんとかオナニーしてました笑

床オナをやめて強すぎる刺激を受けなくなったことで、感度が正常な状態に戻ったんだと思います。

このページでは、実体験も交えて遅漏の改善方法などをご紹介していきます!

遅漏と言われる時間の目安

ストップウォッチ

実は明確な基準ってないそうです。

普通のつもりでいても相手の女性にとって長ければ遅漏とジャッジされてしまうだなんてちょっとひどい笑

日本人の射精の平均時間は7~10分と言われています。

早漏の定義と目標挿入時間(第93回日本泌尿器科学会総会)によると、112名の女性にアンケートを取ると膣内挿入希望時間は平均15分だったそうです。

従って20分を超えてくると射精の平均時間を大幅に超え、女性の希望時間もオーバーしてくるので遅漏と言ってもいいかもしれませんね!

膣内射精障害

頭を抑える男

遅漏の延長ともいえる、挿入はできるもののイケない・射精できないっていう状態です。

結果的に性行為の時間が長くなり、女性にとってセックスが苦痛なものになりかねません。

夫婦間の場合、子供を作ることが困難になり、離婚の原因になることもあるそうです!

膣内射精障害は男性の0~8%と言われています。

不感症といってもいいので、女性の自信を喪失させたり、プライドを傷つけることにもなりかねません。

遅漏の原因

①間違ったオナニー方法

床オナ

冒頭でお伝えした、僕のケースですね汗

間違ったオナニー方法(僕の場合だと床オナ)で強い刺激に慣れてしまい、膣の刺激では物足らなく感じてしまいイケないケースです。

床オナ以外でも、過剰に力を込めて握ったりして膣の感触よりも強いオナニー方法を日常的に行っていたらイキにくくなる可能性は十分にあります!

②精神的な問題

セックスに対してトラウマがあったり、仕事や家庭のストレスを抱えている場合も遅漏を引き起こす原因になるようです。

③身体的な問題

視床下部や下垂体に問題があり、遅漏になることもあるそうです。その場合はホルモン検査などが必要になてくるようですね!

遅漏の改善方法

正しいオナニー方法に矯正する

オナホール

床オナなどの強い刺激のオナニーはやめましょうってことですね!

僕は少なくとも、床オナをやめて普通のオナニー方法にしたら改善しました。

ですが、普通のオナニー方法でも握力をこめてオナニーしたら強い刺激を与え続けることになるので、遅漏が改善されることはなさそうです。

ポイントは「より膣内に近い刺激でオナニーをする」ってことが大事になってきます。

なので僕のオススメは、オナホールを使うことです^^

膣の刺激を再現しようとメーカーさんが必死になって作ってくれてます!

モノ作り大国日本のオナホールを一回も体験しないで死ぬのはもったいない笑

オナホールの刺激に慣れてスムーズにイけるようになったら、おそらく膣でもイケるはずです。

強い刺激が当たり前になっていると最初は物足りないかもしれませんが、オナホールもたくさん種類があるので段階的に刺激が弱いものに変えていくというのも一つかもしれません^^

オナ禁する

オナ禁

溜まりに溜まっていたら、誰だっていつもより早漏気味になります!

イケないわけじゃないけれど、時間がかかる…といった人にはオススメの対処方法です^^

足ピンできる体位を試す

足に力をいれてピンと伸ばして射精を行う強く握る男

オナニーの時自然と足ピンしていて、足ピンしないとなかなかイキずらいって人も中にはいます。

足ピンがどうして射精しやすいのかは不明です笑

足ピンさえしていたら遅漏じゃない!って場合は、考え方を変えて「足ピンできる体位」を模索すべきです。

遅漏に効果のある薬

フリバンセリン

これは、かかりつけのお医者さんから聞いた話です。

聞いてすぐこのページを更新していますw

フリバンセリンという成分を含む「アディー」という名前の薬が遅漏に効果があるかもしれないそうです。

気になっていろいろ聞いたり調べてきましたのでお伝えします!

フリバンセリン(アディー)は女性用バイアグラとも呼ばれることがあり、女性の性的欲求低下障害治療薬として2015年に米国食品医薬品局(FDA)が正式に承認しました。

本来の効果としては閉経前で性欲低下障害の女性の【後天性・広汎性の性的欲求低下障害(HSDD)】に適応があるみたいです。

そのメカニズムですが、性欲を増加させる働きをするドーパミンやノルアドレナリンを多く分泌させる効果と、性欲を減少させる働きをするセロトニンを抑制する効果があるそうです。

そしてここからが重要です!

もちろん男性でも同じことが起きるので、性欲が増す可能性が高いとのこと。

そして射精はノルアドレナリンとセロトニンが関わっていて、ノルアドレナリンが優位になったら射精につながるらしいです。

フリバンセリン(アディー)には射精を促すノルアドレナリンを増加させ、セロトニンを増加させる働きがあるから、理論上は男性の遅漏改善薬として効果があるかも。ってことみたいですね!

遅漏の悩みとは真逆ですが、早漏治療の効果がある(射精を遅くする=遅漏にする)ダポキセチンという薬があります。

このダポキセチンは、セロトニンを増やす働きがあり、様々な国で早漏治療薬として認可されています。

残念ながら日本ではまだ承認されていない未承認薬ということです。

セロトニンを増やす=射精を遅くさせる
セロトニンを減らす=射精を早くさせる

ということになるので、セロトニンを抑制するフリバンセリン(アディー)は遅漏に対して効果があるかもしれないということですね。

僕はもちろん医者ではなく専門外なので断言はできませんが、なんか非常に理にかなっているんじゃないかなぁと勝手に期待しています。

残念ながら日本国内じゃ処方はされていないみたいですが、早く買えるようになるといいですね!。

まとめ

遅漏を改善した男とその彼女

遅漏の人は、まずは自分のオナニー方法を見直してください^^

間違ったオナニー方法であればオナホールなんかで膣に似た刺激に慣れるようにしてください。

そしてオナ禁して、足ピンができるようなイキやすい体位を探してみてください☆

精神的な理由で遅漏の人はカウンセリングを受けることが先決です!

記事検索

最近書いた記事

カテゴリー

先頭へ

目次へ