MENU

マンネリSEX解消講座

【動画解説】アナルセックスに必要な準備と手順。完全成功HowTo

犬のお尻

アナルセックスはいいですよって話。

おそらく、このページを見ている方は「アナルセックスに興味があるけれど経験が無い、もしくは経験が非常に少ない人」ではないでしょうか?

アナルセックスの体験者として感想を一言でお伝えするのであれば…

アナルセックス、いいもんですよ!

このページでは段階別下準備、用意すべきグッズ、などなど慣れや経験以外の知識をお伝えします!

アナルセックスの方法・手順

ステップアップ

アナルセックスをしたい!』と思っても、どのようにすればいいのか分からないという方も多いんじゃないでしょうか!?

アナルセックスは方法を間違えてしまうと、女性のお尻の穴を傷つけてしまう可能性があります。なので丁寧かつ慎重に、そして正しい方法で実践することが必須なんです。

①事前準備~洗浄~

浣腸

まずは浣腸をして、腸内を綺麗に掃除しましょう!

アナルセックスをする下準備として、まずはアナルセックスができる状態にする必要があります。

入れるのはお尻の穴ですw

ということは…
そう、ウンチ。ウンチは大腸菌の死骸の塊らしいです^^;

腸内は大腸菌の宝庫。大腸菌は食中毒を引き起こしたりする原因菌です。
もし、大腸菌が傷口に入ったり、なにかの拍子に口に入ってしまったら確実になにかの病気になっちゃいます。

先客としてウンチが腸内に詰まっていては、挿入どころじゃありませんw

②まずはリラックス

事前準備ができたら、『さぁ~、いよいよほぐしにかかる』…というわけにもいきません。
まずはリラックスさせることが大切ですよ。

体をほぐす前に、女性の心をほぐしてあげる必要があるんです^^
愛情あふれる前戯をいつも以上にしてあげましょう!

性器への愛撫は、通常のセックスがしたくなってしまうので、できれば性器以外への愛撫で脱力させてあげたいところです。

③指を1本挿入してみる

指をアナルに入れる

さて、いよいよ指でほぐしていきましょう!

でも、その前に注意!

【注意その1】ほぐす前に、爪は切ったか確認を!
伸びた爪のまま挿入してしまうと、アナルを傷つけてしまう可能性があります。

【注意その2】素手は絶対にNG!
素手でアナルを触ったあとに、女性の性器を触ったらほぼ確実に膀胱炎になってしまいます!
前述の大腸菌のせいですね。

【必須アイテムその①】コンドームor指サックは必須!
アナルを素手で触るのはNGなので、絶対にコンドームもしくは専用の指サックをはめてください!

専用の指サックのほうが指のサイズに作られているので、抜けにくくてやりやすいです。

【必須アイテムその②】アナル専用のローション
ローションはケチらず、たっぷり塗りましょう!
垂れるくらいでOKです☆

通常のローションもありますが、アナル専用のローションもあります。できればそっちのほうがオススメです!
というのも通常のローションとの違いは、粘度が高くて乾きずらいです^^

膣と違って愛液が分泌されないんで、アナル専用のローションが女性にとっては受け入れやすいと思います!

ポイントは「ゆっくりと」。

挿入の目安としては、指の根元まで最低30秒以上かけて挿入してください。

アナルには肛門括約筋というアナルの入り口の筋肉しかないので、この筋肉を5~10分かけて弛緩させてほぐしてあげましょう!
ゆっくりと「指の出し入れ」を繰り返したら、緩んでくるのが実感できるはずです^^

④指の本数を増やす

指2本

痛がっていないか女性の様子を見てあげてください。
指一本での出し入れに余裕が持ててきたら、挿入する指の本数を増やしてみましょう。(焦っちゃダメですよ。)

右手の小指+左手の小指」の組み合わせや、「右手の親指+左手の親指」の組み合わせなど、組み合わせ次第で太さを変えることができます。女性の反応を見ながら、指の本数を増やしてみましょう☆

このとき、ローションと指サックは忘れないこと!!

⑤ラブグッズなどで少し拡張する

指2本がクリアできたら、いよいよペニス…といきたいところですが、まだ早い!!w

女性にとって指とペニスは大きさも長さも格段に違う「別物」。
指とペニスの中間の大きさで慣らす必要があるんです☆

ペニスをスムーズに入れるために、なにかしらのラブグッズは用意しときましょう!

⑥いよいよペニス挿入

ラブグッズでしっかりとアナルがほぐれたら、いよいよペニスの挿入です!

焦らず、これまで以上に注意してトライしましょう^^

※ここで注意!!
コンドームをつけずに挿入すると、ペニスの尿道に菌が入り込む恐れがあります。
菌が入ったら尿道炎とか膀胱炎まっしぐら。

また、指のときと同様にローションをたっぷりと塗りましょう!
滴るくらいでOKでございます^^
コンドームの間に入ってコンドームが外れないように気をつけて。

ポイントは、とにかくゆっくり挿入すること。
これまで焦らず丁寧にアナルをほぐしてきたのに、最後に焦っちゃいけません。

そして最初からペニスが根本まで全部入るとも思っちゃいけません!
無理なく入るところはどこまでなのか2人で確認しながら、女性の呼吸に合わせてゆっくりゆっくり挿入していきましょう。

無理なく入る限界の位置まで来たら一時停止して、アナルとペニスを馴染ませる必要があります。目安は5分くらいかな?

⑦ゆっくりとピストン運動を開始する

挿入したペニスに女性側が馴染んだら、いよいよ動いてみましょう^^
それでも、動いていいか女性に声をかけてあげながらですよ。

慣れていないアナルセックスなのに、普通のセックスと同じ感覚で動くのは絶対にNG!!
このとき、無理なく入る限界の位置を超えないこと。

女性のキモチを考えずにやってしまうと、相手が痛いだけのアナルセックスになってしまいます。
はじめての場合は快感を得たり与えるためではなく、「アナルセックスに慣れる」ということが第一だということを忘れないように!

【エロ注意】アナル開発howto動画

ガッツリなエロ動画なので閲覧注意です!笑

開始~2分半くらいまではイチャコラしてるだけなので飛ばしてOKです^^

動画のダイジェストを下に書き出しました!興味あるところまで早送りして見てください☆

2:38~ 「まず最初に、一定期間食事を抜きます。」
2:44~ その後、浣腸をします。
3:21~ 指でアナルマッサージ開始
3:38~ 指1本挿入シーン
3:47~ 指2本挿入シーン
4:00~ アナルをクンニしてほぐす
4:23~ ラブグッズで拡張シーン
4:50~ ペニスにコンドーム装着
4:58~ ペニスにローションたっぷりと塗りましょう(シリコンベースがおすすめだよって言ってる)
5:20~ ペニス挿入シーン(ゆっくりしなければいけませんって言ってる)
5:53~ コミュケーションを取りましょう。「大丈夫?痛くさせてないかい?」って男性が聞いてます
6:00~ 騎乗位、側位、寝バック、後背位に体位を変更して挿入シーン
6:38~ 抜くときはゆっくり抜きましょう。終わるときも紳士らしくふるまいましょう。

アナルセックスで必要な用意すべきもの

アナル用ローション

アナル用ローション

普通のローションよりも粘度が高いローションです。

普通のローションをサラサラとしたらアナル用ローションはネバネバって感じですw

女性器は愛液がローション代わりになるけれどアナルはそういった体液が分泌されないんでアナル用ローションがあったほうがいいですよ^^

もちろん普通のセックスのときにも使えるんで、無駄になることはないから1本持っててもいいんじゃないかなぁってアイテムです☆

アナルローションの通販

アナル向け指サック

アナル向け指サック

女性にとっては爪などの突起からアナルを守ってくれるってメリット。

男性にとってはアナルの中の雑菌が手に付かないことでその後のプレイに支障が出ないメリットがあります^^

アナルを素手でほじくり回したあとに手マンしたら雑菌さんがお引越しして膀胱炎や尿道炎になっちゃいます!

アナル向け指用サックの通販

アナル開発用バイブ

アナル開発用バイブ

指とペニスの中間の太さのやつですね。

おすすめはズバリ「失敗しないアナル開発バイブ」

名前の通り、これから開発するぞって人には超オススメです!

パール系アナルスティックが双頭になってるんで初心者から中級者くらいまではこれでなんとかなります^^

双頭ということで1本で2度美味しいんで、これのどっち側が好みかでステップアップしていくのもいいんじゃないでしょーか?!

失敗しないアナル開発バイブの通販

エネマシリンジ

エネマシリンジ

浣腸で直腸内をきれいにするグッズです!

これがないと指やペニスを挿入した際ウンコがついて戻ってくるかもw

イチジク浣腸では全部をきれいにできないし使い捨てだしあまりおすすめしません。

エネマシリンジだったらずっと使えて経済的なのと注入する液体も変更可能なのが◎。

エネマシリンジの通販

コンドーム

コンドーム

アナルの中は不衛生。

雑菌が入りやすい粘膜丸出しなので、絶対にコンドームはつけましょう。

最近のコンドームはすごくて、早漏防止コンドームだったり、ペニス増大コンドームなんかも販売されてます!

アナルセックスのおすすめ体位

側位

アナルセックスをする際の体位について紹介したいと思います。

基本は後背位(バック)と呼ばれる体位がベターです。

この体位でアナルセックスをする場合はアナルが見えやすくなるので、アナルへの挿入がスムーズに行えます。

おすすめの理由としては角度を調整しやすいから。

女性の直腸の角度に合わせて挿入することができます。

初めてで慣れないうちは、後背位によるアナルセックスがおすすめです。

アナルセックスをはじめて行う場合は、側位での挿入もアリです!

側位は男女ともに横向きに寝転んだ状態で、後背位と同様に後ろ側から女性に挿入する体位です。

この体勢だと後背位での挿入よりも腰を動かしにくくなるので、必然的にゆっくりした挿入になります。

屈曲位という体位でアナルセックスするのもオススメ。

屈曲位は女性に仰向けになってもらい、両足を自分の肩に乗せた状態で挿入します。

この体勢だとお尻が持ち上げられるため、挿入しやすくなります。

お互いに顔を向け合う体勢になるので、表情を楽しみながらアナルセックスしたいという人におすすめです。

また表情が見えるため、相手の意思をすぐに読み取れるので、この体位もお互いに安心できるスタイルです。

慣れてきたらぜひトライしてほしい体位です!

アナルセックスの注意点

緊張感をほぐす

「痛がったら即刻中止する」

これは必ず守ってほしいですね!

どんなに時間をかけて丁寧にアナルをほぐしていっても慣れないうちは痛みが伴います。

最初から根元までペニスを挿入できるわけないと思って臨んでください。

痛いのに続けたら女性がアナルセックスにたいしてトラウマとか恐怖心を抱いてしまいます!

アナルセックスを成功させるために長い目で見て、引くべきときは引きましょう☆

いつでも中止させる選択肢を持っておくべきです。

痛みを女性に与えてまで続行することじゃないです^^

余裕を持っていきましょう!

快適なアナルセックスを実現するためには、パートナーのお尻の穴がきちんと開発されている必要があります。

開発されていないと、挿入しても女性が痛がってしまうだけで、なかなか思うような快感を得ることはできません。

そのため、アナルセックスにおいてポイントとなるのは、お尻の穴を開発することです!

お尻の穴をアナルセックスができるように開発するためには前提として、急がず時間をかけて開発することが大事です。

アナルはとてもデリケートなので、いきなり拡張したりしてはいけません。

女性の負担を考えた上で、徐々に開発していきましょう。

指は一本、第一関節まで挿入できる程度まで徐々に慣らしましょう。

指を入れる時は、ローションとコンドームの準備を忘れずに行いましょう。

第一関節まで指の挿入が容易にできるようになったら、軽く指を動かしましょう。

その際に指を1本から2本に増やし、アナルを拡げることを意識して円を描くようにゆっくり動かしてみてください。

もちろん、痛がるそぶりを見せたら中止することも考えておきましょうね!

もし女性側がまだアナルセックスに対して前向きにならない場合は、アナルセックスに対する不安や恐怖心を払拭させることも大事です。

アナルセックスという少しアブノーマルな行為なので、女性はどうしても不安になってしまいます。

不安が募れば緊張してしまい、その緊張によってグッとお尻の穴に力が入ってしまいます。

とはいえ、その緊張というのは簡単にほぐれるものでもありません。

ある程度の緊張は仕方がないので、それでも挿入がスムーズに行えるようにローションをたくさんつけてアナルセックスをするようにしましょう。

まとめ

心の準備が大切

アナルを性感帯として開発するためには非常に時間がかかります。

早くやりたいからといって手を抜いてしまい挿入すると、女性のお尻に激痛を与えてしまい、それによって恐怖心が生まれ、トラウマになってしまう可能性も…

アナルセックス成功のポイントは、「下準備」と「ゆっくり時間を掛ける」の2つ!

アナルセックスがじゅうぶんにできるようになったと感じたら、コンドームとローションを使って慎重に挿入しましょう。

ローションをしっかりとつけることにより傷つけずに済みますし、コンドームをつけることによって雑菌によって病気になってしまう可能性を下げることができます。

事前にエネマシリンジなどを使って洗浄をしっかり行うことも衛生的なアナルセックスのポイントです。

アナルセックスをパートナーとしたいのであれば、順序を理解してじっくり実践していく必要があることが分かっていただけたかと思います。

パートナーとアナルセックスを行う場合は、パートナーの負担をじゅうぶんに理解してあげなければなりません。

そして無理に挿入するのではなく、きちんと了承をとる必要があります。

女性のアナルを性感帯に変えるための体の準備が整っても、ココロの準備ができていなければだめですよね。

だからこそお互いにしっかり話し合って、実践することが大事なのです。

先頭へ

目次へ