サルのようにしたくなるSEX講座

アナルセックスをする場合はしっかりとした事前の準備が必要です。方法・手順を知ってから挑戦しましょう。

アナルセックスとは

美尻と青下着

セックスにおける「挿入」という言葉は、男性器を女性器(膣)に挿入することを指しますよね。

しかし、女性器ではなく、お尻の穴に男性器挿入するアナルセックスもセックスにおける挿入行為のひとつです。

ちなみにですが……アダルトグッズを使って、女性が男性のお尻の穴に挿入するプレイもアナルセックスと呼びます。

お尻の穴というのは本来、外部からモノを挿入するための穴ではありません。

そのためアナルセックスは外道なセックスの方法だといっても過言ではないでしょう。

しかし、アナルセックスは男性でも女性でも好んでやっている人が多いことも事実です。

なぜなら、アナルセックスが気持ちいいからです。

アナルセックスで気持ちよくなるためには事前にアナルを開発することが必要ですが、一度開発してしまえばアナルセックスによって快楽を得られるようになります。

アナルセックスをする際のペニスの感覚は、通常のセックスとはまったく違います。

通常のセックスの場合は膣の内部のヒダがペニスを包み込んでくれるので快楽を得やすいですが、アナルセックスの場合は入り口が狭く、挿入したその先は空洞です。

そのため膣に挿入したときのような快感は得られにくいですが、体位によって感触が変わるため快感を感じられます。

また、お尻の穴の入り口が狭いため、きつく締め付けられるような感覚を感じられることも特徴です。

女性の場合は挿入時に痛みを感じることが多いですが、一度挿入したあとは性的快感を得られるようになります。

そのため、男性は女性の気持ちにじゅうぶん配慮してアナルセックスをする必要があります。

アナルセックスの注意点

コンドームの装着推奨

アナルセックスは好みが分れるプレイになりますが、一度体験してみることでハマる人はたくさんいます。

好きな人はセックスのたびにアナルセックスを実践していると思います。

しかし、そんなアナルセックスにはいくつかの注意点があります。

まずアナルセックスをしたいからといって、いきなりペニスを挿入してはいけません。

挿入する際には、じゅうぶんに準備をしなければなりません。

アナルは膣と比べて傷付きやすく、扱い方に注意しなければいけません。

また、アナルセックス前には必ず洗浄されて綺麗な状態になっていることを確認してください。

本来は排泄をする際に機能する穴なので、アナルには便が残留していることがあります。

便にはもちろん菌があり、アナル周辺にも菌はありますので、ペニスが触れることによって菌が尿道に入り込み、病気にかかってしまう可能性があります。

ちなみにアナルが清潔な状態になっていたとしても、念のためにコンドームはつけるようにしてください。

コンドームをつけていることで、雑菌による感染や病気にならないようにすることができます。

アナルセックスの方法

ローションの使用推奨

アナルセックスをしたい!と思っても、どのようにすればいいのか分からないという方も多いと思います。

アナルセックスは方法を間違えてしまうと、女性のお尻の穴を傷つけてしまう可能性のある行為なので、丁寧かつ慎重に、そして正しい方法で実践することが求められます。

アナルセックスをする下準備として、アナルセックスができる状態にする必要があります。

かみ砕いて言えば、アナルセックスをする前はガッチガチに締まっている状態です。

そのため、お尻の穴をほぐしてあげる必要があります。

指を使って少しずつアナルに沈めたり、出したりを繰り返します。

ゆっくり時間をかけてほぐしましょう。

アナルは傷つきやすい場所なので、ゆっくりしないと出血してしまう可能性があります。

またほぐす際には、ローションを使うことも重要です。

粘り気の強いローションを選ぶことで、アナルに傷をつけにくくすることができます。

なおローションは、コンドームをつけたペニスとアナルの両方に塗るようにしてください。

これで準備は完了です!

ここから挿入になりますが、挿入後は腰をゆっくり動かしましょう。

ローションでヌルヌルの状態になっていても、たとえしっかりほぐした後であっても、いきなり素早いピストン運動をしてしまうと、お尻の穴を傷つけてしまう可能性があります。

特に初めてアナルセックスをする場合は、慎重にゆっくり動かしてあげましょう。

ワンランク上のテクニック

側位

アナルセックスをする際の体位について紹介したいと思います。

基本は後背位(バック)と呼ばれる体位がベターです。

この体位でアナルセックスをする場合はアナルが見えやすくなるので、アナルへの挿入がスムーズに行えます。

初めてで慣れないうちは、後背位によるアナルセックスがおすすめです。

アナルセックスをはじめて行う場合は、側位での挿入もアリです!

側位は男女ともに横向きに寝転んだ状態で、後背位と同様に後ろ側から女性に挿入する体位です。

この体勢だと後背位での挿入よりも腰を動かしにくくなるので、必然的にゆっくりした挿入になります。

屈曲位という体位でアナルセックスするのもオススメ。

屈曲位は女性に仰向けになってもらい、両足を自分の肩に乗せた状態で挿入します。

この体勢だとお尻が持ち上げられるため、挿入しやすくなります。

お互いに顔を向け合う体勢になるので、表情を楽しみながらアナルセックスしたいという人におすすめです。

また表情が見えるため、相手の意思をすぐに読み取れるので、この体位もお互いに安心できるスタイルです。

アナルセックスのポイント

緊張感をほぐす

快適なアナルセックスを実現するためには、パートナーのお尻の穴がきちんと開発されている必要があります。

開発されていないと、挿入しても女性が痛がってしまうだけで、なかなか思うような快感を得ることはできません。

そのため、アナルセックスにおいてポイントとなるのは、お尻の穴を開発することです!

お尻の穴をアナルセックスができるように開発するためには前提として、急がず時間をかけて開発することが大事です。

アナルはとてもデリケートなので、いきなり拡張したりしてはいけません。

女性の負担を考えた上で、徐々に開発していきましょう。

指は一本、第一関節まで挿入できる程度まで徐々に慣らしましょう。

指を入れる時は、ローションとコンドームの準備を忘れずに行いましょう。

第一関節まで指の挿入が容易にできるようになったら、軽く指を動かしましょう。

その際に指を1本から2本に増やし、アナルを拡げることを意識して円を描くようにゆっくり動かしてみてください。

もちろん、痛がるそぶりを見せたら中止することも考えておきましょうね!

もし女性側がまだアナルセックスに対して前向きにならない場合は、アナルセックスに対する不安や恐怖心を払拭させることも大事です。

アナルセックスという少しアブノーマルな行為なので、女性はどうしても不安になってしまいます。

不安が募れば緊張してしまい、その緊張によってグッとお尻の穴に力が入ってしまいます。

とはいえ、その緊張というのは簡単にほぐれるものでもありません。

ある程度の緊張は仕方がないので、それでも挿入がスムーズに行えるようにローションをたくさんつけてアナルセックスをするようにしましょう。

アナルセックスの成功体験談

成功して喜んでいる男

実際にアナルセックスに成功した方に話を聞くことができました!

成功体験談を参考に、どのようにしていくといいのかを学びましょう!

結婚してから嫁と普通のセックスしかしてきませんでしたが、そのたびに嫁のアナルを徐々に指で慣らしていました。

もちろんその理由は、アナルセックスをしたかったからです。

アナルセックスをするためには少しずつアナルを拡張していく必要があると聞いていたので、徐々に指で慣らしていました。

そろそろ慣れてきたかなぁ……と思った段階で思い切って指を少しだけ挿入してみました。

すると、嫁が今までにないくらい興奮状態に……。

あきらかにいつも以上にアソコは濡れていましたし、その表情はとてもいやらしかったのを覚えています。

そこで、これはいける!と思い、初めてアナルセックスをしてみました。

最初はやはり痛がっていましたが、入ってしまえばそうでもなく、むしろ少しずつ吐息が漏れるようになっていました。

初めて挿入した感想は想像以上で、性器よりも個人的には気持ちよかったのを覚えています。

アナルセックスをするために徐々に慣らしておいてよかったなと思いました。

アナルセックスの失敗体験談

失敗してしまった男

続いて、残念ながらアナルセックスが上手くできなかったという方の体験談です。

アナルセックスに失敗してしまった原因は……?

昔みたアナルセックスのAVに魅せられて、アナルセックスをしたいと思っていました。

風俗などでもアナルセックスのオプションがあるので、そっちを使おうかとも考えましたが、10000円くらい追加でかかっちゃうので断念。

そうなると彼女に頼るしかないと思い、打ち明けました。

でも彼女はなかなかやらせてはくれず……。まぁ当たり前といえば当たり前ですよね。

ネットで色々アナルセックスについて調べてはいたので、とりあえずアナルを慣らすことから始めました。

自分でもバカだなと思うのですが、具体的にどれくらい慣らせる必要があるのかわからず、ある程度慣らしてきたつもりだったので、正直あとはローションさえ使えばなんとかなると思っていました。

どうしてもアナルセックスをしたい!と思って、ローションを手に取り、しっかり指とコンドームにつけて彼女のアナルにもバレないように少しつけて……いざ挿入。

すると彼女はめちゃくちゃ痛がってしまい、結局その日はアナルセックスができませんでした。

それどころか、その日は少しも話を聞いてくれませんでした。

彼女が激しく痛がったことによってトラウマを植え付けてしまい、しばらくアナルを指で触ることすら拒否される事態に…。

こんなことならもっとゆっくり時間をかけるべきだったと後悔しました。

まさかここまでアナルセックスのハードルが高かったなんて思わなかったというのが本音です。

多分個人差はあると思いますが、いずれにしても長期間かけて本当に少しずつ慣らさないとダメなんだと思いました。

まとめ

心の準備が大切

アナルを性感帯として開発するためには非常に時間がかかります。

早くやりたいからといって手を抜いてしまい挿入すると、女性のお尻に激痛を与えてしまい、それによって恐怖心が生まれ、トラウマになってしまう可能性もあります。

アナルセックスがじゅうぶんにできるようになったと感じたら、コンドームとローションを使って慎重に挿入しましょう。

ローションをしっかりとつけることにより傷つけずに済みますし、コンドームをつけることによって雑菌によって病気になってしまう可能性を下げることができます。

アナルセックスをパートナーとしたいのであれば、順序を理解してじっくり実践していく必要があることが分かっていただけたかと思います。

パートナーとアナルセックスを行う場合は、パートナーの負担をじゅうぶんに理解してあげなければなりません。

そして無理に挿入するのではなく、きちんと了承をとる必要があります。

女性のアナルを性感帯に変えるための体の準備が整っても、ココロの準備ができていなければだめですよね。

だからこそお互いにしっかり話し合って、実践することが大事なのです。