サルのようにしたくなるSEX講座

セックスは射精が終わったら終わりだと思っていませんか?セックスはアフターセックスまで行って、セックスなのです!

セックスの後も気は抜けない

ピロートーク

セックスは、男性が射精したら、女性がイッたら終わりではありません。

男性は射精すると興奮が冷めて冷静になり、力が抜けて魂までも抜けたような状態になる「賢者タイム・賢者モード」という時間がありますよね。

冷静になり、タバコを吸ったり、ケータイ・スマホを触ったり、寝たり、冷たい態度を取ったりと女性のケアを何もしない男性も少なくありません。

しかし、そんな態度を取っていると、たとえ今回のセックスが気持ちよくても、その女性との次のセックスはなくなってしまいます。

そうならないためには、セックスの後に女性のケアをしてあげることが大切です。

セックスを終えた後、会話したり抱き合ったりする時間を後戯やアフターセックスといいます。

そのアフターセックスで女性をいかに気遣えるかによって、またセックスができるかどうかが変わります。

アフターセックスはセックスと違い、精神的に満足するためにあります。

セックスが終わったら、セックスの感想を言ったり体のパーツを褒めたり、頭や肩など落ち着く場所に触れるといったことをすることが大切です。

恋人との仲をさらに良くするためにも必要な時間です。

もし眠たくなったとしたらその時は、一言でも良いので「少し寝てもいい?」と優しく聞きましょう。

ピロートークを楽しむ

楽しいピロートーク

セックスを終えた後の時間、アフターセックスを楽しむことで女性との仲をより深めることができます。

アフターセックスでピロートークを楽しんだり、抱きしめられると女性は喜びます。

ピロートークでは、出会った当初のことなど、思い出話をするといいでしょう。

特にそのパートナーが彼女などであるならば、思い出や記念日を大切にする傾向にある女性にとっては非常に嬉しいと感じてくれるかもしれません。

その他にも、休みの日のデートの計画や長期休暇の旅行の計画など、少し先の話をすると楽しい幸せな姿を想像でき、一緒に入られることに安心を得られます。

「綺麗だよ」「可愛いよ」「好きだよ」といった言葉を囁いてあげるのも女性は嬉しいものです。

普段は伝えられなくてもアフターセックスでは、勇気を出して伝えるようにしましょう。

しかし、ピロートークで出してはいけない話題もあります。

スタイルが良いといったことは良いのですが、「着痩せするよね」「お腹出てるよ」といったデリカシーのないことは言わないようにしましょう。

当たり前といえば当たり前のことですが、冗談でも言わない方が無難でしょう。

その他にも、「気持ちよかった?」と何度も聞いたり、元カノと比較するといったことはしないように注意しましょう。

また言葉だけでなく、抱きしめたり、頭を優しくなでるといったスキンシップを取ることも大切です。

シャワーを浴びてサッパリしたいというときは、女性と一緒にお風呂で体を洗いあえば親密度も増します。

体力が続くのなら、そのまま二回戦目に突入してもいいでしょう!

身体を拭く

身体を拭きあっている男女

セックスをするとお互いの体を舐めたり、射精したり、女性の愛液が溢れたりと色々と体につきますよね。

セックスを終えたら、男性の性器はゴムをしていようとしてなかろうと精子や愛液でビチョビチョ、女性も愛液が出てビチョビチョという状態になっています。

それを放置するとベッドのシーツなどが汚れてしまい、気持ち悪い感触やニオイがついてしまいかねません。

そうすると後で困ってしまいますし、ピロートークなどに集中できなくなってしまいます。

そうならないためには、体についたものをしっかり拭きましょう。

もちろん、女性にもティッシュやバスタオルなどを渡すか拭いてあげましょう。

ティッシュだとボロボロになったり、引っ付く可能性があるので、おしぼりやタオルの方がおすすめです。

拭いてもらうのは恥ずかしいという女性もいるので、拭いてあげるかどうかは女性によって変えましょう。

また、セックスをすると非常に体力を使います。

終わった後は、飲み物などを渡してあげることも大切です。

この辺は事前に準備しておくことが大事ですね!

ピロートークなどが終わったら、一度タオルなどで拭いていてもシャワーを浴びて体を洗うことをオススメします。

ティッシュやおしぼりで体を拭いてあげることや飲み物を渡してあげることなど、セックス後にも気を配ってあげることが大切になります。

ワンランク上のテクニック

女性が嬉しくなることを言う男

アフターセックスは、セックスをした後のとても大切な時間です。

二人の仲をより深めることもできますし、間違った行動を取ってしまえば仲が悪くなってしまいます。

そのため、その時間の過ごし方というのがとても大事なのです。

たとえばピロートークで、「気持ちよかった?」「俺上手いでしょ?」といった自分に自信満々な発言をしてしまうと、女性はげんなりしてしまいます。

またセックスのダメ出しをしてしまうのもNG

喧嘩の原因になってしまったりするので、もし思っても言わないほうがいいでしょう。

そもそもアフターセックスをせず、タバコを吸ったりスマホをいじる、すぐに服を着るというのは完全にNGの行動です。

こういった行動は些細な行動ですし、なんとなくしてしまいがちな行動ですが、しないように心掛けておきましょう。

このようなNG行動ではなく、してあげることで女性が嬉しくなることを実践していきましょう。

頭をなでてキスをする、ピロートークの時に腕枕をするといったことをされると女性は喜びます。

「痛くなかった?」「大丈夫だった?」と女性の体を気遣ったり、家に帰った後にもすぐ連絡を入れるといったことも喜ばれる行動の一つです。

アフターセックスは、愛を囁いたりして甘い時間を過ごしたり、女性に気を配ったりすることが大切な時間です。

アフターセックスのポイント

気持ちよく眠っているカップル

アフターセックスでは、愛の言葉を囁いたり、女性を褒めるといったピロートークは大事ですが、体を拭くためにおしぼりを渡したり、お水を渡すといった気配りも女性に喜ばれ、アフターセックスには大事な行為です。

しかし、何も用意していないとおしぼりを渡すこともお水を渡すこともできません。

おしぼりを買っておくことやお水やジュースを冷蔵庫に入れておくといった準備が必要です。

そして、女性の体を拭く時は、女性によっては拭いてもらうのは恥ずかしい、股を広げて拭いてる姿を見られるのが恥ずかしいという女性もいます。

そんなときは、じゃれあうように拭くかシャワーに誘うようにしましょう。

アフターセックスをする時、セックスの後の時間のために事前にしておくべきことは他にもあります。

たとえばセックスをする時に脱いだ服や脱がせた服がシワにならないためにまとめてベッドや布団の外に置くといったちょっとしたこともセックスの後の時間のためには必要な気配りです。

またセックスの後のピロートークやイチャイチャするのも終わって、シャワーを浴びたり、お風呂から上がった後、女性の髪をドライヤーで乾かしてあげたり、服を着せてあげると女性はお姫様気分を味わえるので、喜んでくれるかもしれませんよ!

アフターセックスの大事なポイントは、気配りや女性に対する気持ちを伝えるなど、女性自身を大切にすることです。

意識して行動していくことがとても大事です。

まとめ

仲の良いカップル

射精をしてセックスを終えた後、男性は賢者タイムに入り、スマホをいじる、タバコを吸う、寝るといった行動を取りがちですが、次のセックスに繋げるためにも女性との仲を深めるためにもアフターセックスを大切にする必要があります。

アフターセックスは、ピロートークやキスやハグなどをする時間にしてあげることで女性も精神的に欲求が満たされ、セックスの余韻に浸ることができます。

アフターセックスで大事なのは、ピロートークで「綺麗だよ」「可愛いよ」といった褒め言葉や「好きだよ」といった愛の囁くことやこれまでの思い出、これからのデートや旅行などについて話すことや、体力を使った後なのでお水を渡したり、体を拭くためにおしぼりを渡したりといった気配りが大切です。

その他にも女性の体を気遣ったり、帰った後も直ぐに連絡を入れるといった気遣いも大切です。

アフターセックスを心地良い時間にするためには、事前に準備することも必要です。

またアフターセックスを上手にしていくことで仲を深めることができますが、NG行動をとってしまうと、気持ちも冷めてしまいます

「あの人とのセックスは終わってからが面白くない」そういうレッテルを貼られてしまえば、その先に繋げることも難しくなってしまいます。

女性を大切にする気持ちや女性への気遣いをしっかり意識して行動することで、次につながるアフターセックスになるのです。