MENU

MENU

アダルトグッズ

アダルトグッズの手入れ・保管・処分方法などの豆知識を紹介していきます。

アダルトグッズの寿命はどれくらい?

時計

「今日は久しぶりにオモチャで遊ぼう♪」と、3ヶ月ほど使っていなかったローターを引っ張り出してきたら動かない・・・。電池を入れ替えてみても微動だにしない・・・。

「どんまい!じゃあバイブにしておこう♪」スイッチON!シーン・・・。壊れとる・・・。

使いたいときに使えないなんて最悪だ!

ということで、「そもそもアダルトグッズの寿命ってどれくらいなのか」「値段高いほうが長持ちするものなのか」について調べてみました。

バイブ&ローター

大人のオモチャの王道「バイブ&ローター」。どちらも電化製品。

使えば使うだけ劣化していきます。

「1年保証」とか「5年保証」とか記載されていたとしても、使い方が雑だったり保管状態が悪いとけっこう簡単に壊れてしまうんです。

でも、めちゃくちゃ安くても手入れ・保管をそれなりにしておけば2年放置していても普通に使えるものだってあります。

「高いから壊れないっしょー」と安易な考えで適当に扱うのはよろしくないので気をつけてください。

あと、これは既に知っていて実践してる人多いと思いますが、挿入する系のオモチャはコンドームつけて使うと手入れのとき楽ですよ~。

オナホール

オナホールは本当にピンキリで、サイズもデザインも様々ですよね。

そんなオナホールで定評があるのは1,000円~3,000円で買えるもの。

しかし、商品によっては数回使っただけで裂けてしまう物もあります。

はんだごて(工作の授業で使ったことある人多いはず)で修復作業を試みる人もいるようですが(汗)その労力を考えたら自分なら捨ててNEWオナホを買うw

それと、オナホールの成分はほぼ油分。時間の経過と共に油分が染み出してオナホの硬直化が進みます。

プニプニしてたりちょっとベタつく柔らかい系のオナホほど硬直化(劣化)現象が分かりやすい。

で、本来はそれが替え時サインなんですけど、「これは!オナホが自分のちんこに合わせて変化したんだ!」というポジティブな発想をお持ちの人もいるのでw
絶対替えた方がいい!とは言えません(笑)

とりあえず、保管するときは他のグッズと隔離させておきましょう。高確率で癒着します。

ローション

オナニー時にもセックス時にも大活躍してくれるローション。
携帯用・使い切りなんていう少量サイズもあるけれど、とことん楽しみたい私は毎回お徳用を買っています。

そんなローションの寿命は未開封・日の当たらない涼しい場所に保管しておく状態で3、4年開封した後は半年が目安です。

商品によっては製造年月日が書かれていないこともあるので、目安として頭に入れておきましょう。



アダルトグッズの手入れ方法

洗剤

体の大事な部分に使うオモチャだからこそ、手入れは重要です。

使い終わったあとの満足感と疲弊感は分かりますが、大事なのはアフターケア。使って満足~で終わってはいけません。

長持ちさせたいのならば、グッズの素材に合わせた手入れをしましょう!

洗えるものと洗えないもの

バイブやローターなどの電気で動くタイプのものは、完全防水とそうではないものに分かれています。

商品の箱やパッケージに「防水」と記載されていないものは水洗い要注意。
配線部分から水が入って壊れる可能性大なので気をつけてください。

電池式じゃないディルドや、オナホは丸洗いOKなので、次回気持ちよく使うためにもしっかり洗浄しておきましょう。



アダルトグッズの洗い方

洗い物をしている男性

では、具体的にどのような方法で洗えばいいのか順を追って説明していきます。

少々面倒ですが、ローション、愛液、精液などがびっちょりついているので、洗浄は必要不可欠な作業です。

専用の洗剤・クリーナーを使う

家にあるハンドソープとか除菌スプレーを使っている人、多いですよね。

ハンドソープ、ボディソープなど肌に使う洗剤を使って洗うのはいいんですけど、食器用洗剤とか洗濯用洗剤は素材を傷める原因になるのでおすすめしません。
洗って逆にダメージを与えてしまったら全く意味ないですよね。

また、大体どこのアダルトグッズ通販サイトにも、1,000円以下で買える専用の除菌クリーナーなどがあるので、そちらの使用もおすすめです。

バイブ・ローターは水濡れ注意

防水加工されている電池式、配線付きのバイブ・ローターであっても、洗うときはじゅうぶんに気をつけてください。

水で濡らすと危ない部分は防水シートやタオル、ビニールなどで隠しておいたほうが無難。
防水加工されていないバイブなどは、アダルトグッズ専用のクリーナーやウェットシートでキレイにふき取っておけばOKです。

ただし、市販のアルコール除菌シートを使うのはちょっと考えたほうがいいかもしれません。
前に一度、手をアルコール消毒するために持ち歩いてる除菌シートで拭いたら変色してしまいました・・・。

ブラシは使ってはいけない

基本、アダルトグッズは体に当てたり入れたりして気持ちよくさせるアイテム。素材はとてもデリケートなんです(^^;
ブラシで洗うと傷をつける可能性が高いためおすすめできません。

細かい部分は綿棒でやさしく洗うようにしてください。

特に、オナホの内側にブラシつっこんで洗うのはダメです!あと、ひっくり返して洗うのもNG!破れやすくなる!もしくはひっくり返した瞬間に裂けて処分することになります。

洗った後はしっかり乾燥!

丁寧に洗い終わったら、最後はしっかり乾燥させましょう!

洗って拭いて、すぐしまう!は、雑菌の繁殖につながります。日の当たらない風通しのいい場所に置いて乾燥させてからしまってください。

バイブやオナホは滑らない素材のものが多いですよね。タオルで拭き取ると繊維がついてしまうので、キッチンファイバーやクロスなどを使うのがおすすめですよ。
また、水気をよくとった後にベビーパウダーを振りかけておくと、表面がサラサラになるからこの方法もおすすめです!

アダルトグッズの保管方法と隠し場所

散らかった部屋

使い終わって、洗浄して、乾燥させたらようやく目に付かないところに隠せるわけですがw
焦りは禁物!全アイテムを1つの袋に大雑把にまとめてしまうのは最悪パターンです。

正しい保管方法と、うまい隠し方を駆使してアダルトグッズライフをエンジョイしましょう!

電池は必ず抜いておく

電池式のオモチャに関しては、使い終わったら必ず電池を抜いてください。(面倒だけど、これも長持ちさせるため)

スイッチを切っていても、電池が入っているだけで寿命を縮める原因になります。
もし液漏れが起きてしまったら、もう使いものにはなりません。

また、断線による故障パターンも多いので、コード付きの場合は輪ゴムなどで束ねておきましょう。

別々の袋に入れる

アダルトグッズを1つの袋や箱にまとめて保管したい場合は、1つ1つジップロックに入れたり、ラップでくるむなど、グッズ同士がくっつかないようにしてください。

密着した状態にしておくと、ものによっては癒着を起こしてアイテム全滅という悲しい結果を招きます。

愛用のオモチャ、みんなはどこに隠してる?

日が当たらずひんやりしていて暗い場所。アダルトグッズを保管するには、これが最もベストな環境です。
そして隠し場所にするにもベストですw

個包装したら、使ってないカバンや靴入れの箱にまとめてしまってクローゼット。
カバンなどにしまいきれないサイズならば、購入時の箱をとっておいてガムテープで塞いでおく。

なかには湿気対策でシリカゲル(乾燥剤)を入れている人もいるようです。賢い。

完璧な状態で保管していても、オナホなど柔らかい素材のものについてはやはりカビが生えやすいので、月1ペースで取り出して通気させましょう。

ちなみに私は女の子とセックスするのも好きだけど、オナニーするのも好きw
だから、オナホに関しては月一で買い替えています。



使用済みのオモチャをバレずに処分する方法

ゴミ箱

故障、寿命、飽き、証拠隠滅。理由はそれぞれあれど、オモチャを処分する手段に困るのは皆同じw

みなさん自分で分解して処分する派ですか?
まさか、仕分けせずコンビニのゴミ箱に捨てるなんてことしませんよね?

お世話になったアダルトグッズを処分するにはどんな方法がベストなのか、自己処理、サービス利用の2点にしぼって紹介します。

燃えるごみ?不燃ごみ?自分で処分するときの仕分け方

基本的に、オナホもバイブ・ローターの配線も、切断できるものは切断しておきましょう。

金属類もできるだけバラしておいてください。そして新聞紙でくるんでおきましょう。

原型を分からなくすることで廃棄しやすくなります。

燃えるゴミに出すもの

・バイブ
・ローター
(※地域によって区分が違うので要確認)

燃えないゴミに出すもの

・オナホ
(※ハサミで切って、新聞紙でまとめて不燃ごみへ)

燃えやすいはずのオナホを不燃ごみにする理由

オナホって本来はめちゃくちゃ燃えるんですけど、なぜ燃えないゴミに出すか・・・そう、燃えるゴミに出すとリスクがいっぱいだからw

  • リスクその1:燃えるゴミには宛て名入りの書類が入っていたりすると身元がバレる可能性あり
  • リスクその2:燃えやすいから、収集される前に突然発火とかしたらヤバい

以上の理由から、燃えないゴミの日に出すのが安全だと判断しています。

アダルトグッズの通販サイトで処分してもらう

さて、自分で処分する方法は分かったけれど、実際これをやるの面倒くさい。

てか、自分で処理するには手が余るくらい大量orサイズでかいから無理。
そんなときは、アダルトグッズ通販サイトの処分サービスを利用するのがおすすめです。

規模の大きな通販サイトであれば、大抵このサービスがあります。
値段はサイトによってそれぞれ。送料自己負担のところもあれば、回収キットを購入して返送するだけでOKというサイトもあります。

ここに関しては自分が利用するサイトのサービスをチェックしてみてください。



アダルトグッズの豆知識まとめ

アダルトグッズについて、わかりやすいように下記まとめてみました。

【アダルトグッズの寿命】
■バイブ・ローター・ディルド
→電池を入れても動かない。液漏れ。ヒビが入ったときが替え時。

■オナホ
→破れた。裂けた。カビが生えたら替え時。

■ローション
→未開封で3~4年。開封後は約半年。

【手入れ方法】
■バイブ・ローター
→水洗い(防水加工されているもの)

■オナホ
→水洗い(ブラシ使用は厳禁!)

洗った後は日の当たらない場所でしっかり乾燥させる。

【自分で処分する方法】
■バイブ・ローター・ディルド
→電池を外して、配線を切る。可能なら金属と仕分けられるレベルまで分解。仕分けして廃棄。

■オナホ
→ハサミで原型を留めないレベルまで切る。新聞紙でくるんで不燃ごみに出す

【処分してもらう方法】
アダルトグッズを販売している通販サイトの処分サービスを利用する。
値段や引き渡し方はサイトによってまちまち。
自分が利用するサイトを要確認。

記事検索

オススメ記事

最近書いた記事

カテゴリー

先頭へ

目次へ